【硯】石で人々のニーズに答える「製硯師」青柳貴史

硯、墨、筆、紙


これらの4つは文房四宝と言われており、文房具の中心として、古代中国から賞玩されてきた。なかでも硯は他の消耗品とは違い、手入れをしていれば半永久的に使えるということもあり、骨董品として多くの文人に愛されている。硯とは、墨を水ですりおろすための道具であるが、書道を経験したことがある方であれば一度は使用したことがあるだろう。

この度、そんな硯に関すること全般を受け持つ「製硯師」、青栁貴史氏にお話を伺うことができた。青柳氏は浅草にある書道用具専門店「宝研堂」の4代目であり、1939年に創業されたこちらの店は、都内では数少ない硯の工房を持っていることでも知られている。

「製硯師」


実は日本で「製硯師」という肩書きを名乗っているのは青柳貴史氏一人である。製造の「製」、文房四宝の「硯」、そしてその「師」という肩書きであるが、製造や作ることだけではなく、プロデュースなどの「硯に関することを全てやる」という意味が込められている。
分業が成り立たなかったり、量産をする性質を持った工房ではなかったり、「硯職人」とはまた違うという背景もあり、師匠でもある父に相談したところ、「製硯師」という名前を授かったと青柳氏は語る。中国では「製硯家」という肩書があるが、日本ではあまり聞き慣れない言葉である「製硯師」。青柳氏は自身の肩書きについて、このように語る。

今まで硯のことなら任してくださいっていう「硯のお兄さん」だったのが「製硯師」と名乗ることになり、「設計士」と間違われることも多かったです。

しかし、その先に父が命名してくれたその肩書きの「意味」というものがありました。名前と一緒に、この名前に込められた想いを父が話してくれたのも覚えてます。それに恥じない技術力と研究心を日頃から持ち続けたいですし、お客様に自分の仕事を説明するためにも必要なものだと感じております。今はその「製硯師」という肩書に鼓舞され、自分の背中を押してもらってます。

このように、「製硯師」という肩書に背中を押してもらっていると語った青柳氏。彼はこの名前に鼓舞され、日々技術を磨き、探究心を忘れずに仕事をしている。また、彼はそんな多岐にわたるお客様のニーズに答えることについて、このように語っている。

僕が作る硯は、基本的には千年残ることを目標として作っているので、1個お作りしたら破損などの理由で再び求める必要がないようにと構造設計を意識しています。なので、お客様から「この間作ってもらった硯は本当に使いやすいよ」とご意見を頂き、その評価を聞いた他の方に「じゃあ私も青柳につくってもらいたい」と思って頂けたら製硯師の冥利に尽きます。そのお客様がずっと使っていける硯であること、ニーズに石でお答えすること、このようなことを重要視しております。

手入れさえすれば、半永久的に使えると言われている硯。製硯師として、「この間作ってもらった硯は本当に使いやすいよ」というお客様からの言葉、そしてそのお客様がずっと使い続けることができる硯を作ることを重要視していると語ってくれた。お客様のニーズに「石でお答えするという」言葉が非常に印象的であった。

パート2に続く

取材先

宝研堂

青栁貴史氏

1939年に創業されたこちらの店は、都内では数少ない硯の工房を持っていることでも知られている。
http://houkendo.co.jp/

この記事を書いた人

JapanMade

JapanMade編集部

日本のモノづくりを物語るJapanMadeです。

あなたへのおすすめストーリー

もっと見る